検索
LINK
オンライン状況
オンラインユーザー31人
ログインユーザー0人
登録ユーザー15人
カウンタ
COUNTER106720
ブログ
ブログ >> 記事詳細

2014/01/25

私も最近見た映画について

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
長島さんの映画の感想に続いて、私も最近見た1本について。

最近、戦争にまつわる映画が多い印象ですが、こちらもナチス戦犯アイヒマンの裁判を傍聴したユダヤ人哲学者ハンナ・アーレントがニューヨーカー誌に裁判レポートを掲載したところ、その内容に世間から激しい非難を浴びるという実話ベースの物語でドイツからの作品です。
ナチスのアイヒマンが人間であることを放棄し思考不能になったという彼女の主張がなぜ批判されたかは、詳しくはぜひ劇場で!
http://www.cetera.co.jp/h_arendt/

思考することの大切さについて最後まで訴え続ける彼女のセリフで印象に残った部分。
かなり字幕はうろ覚えなのですが、、
「思考するということは、知識を得ることではなく、善悪を区別し、美醜を見極めるということです。」

(うだ)

14:10 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)