検索
LINK
オンライン状況
オンラインユーザー9人
ログインユーザー0人
登録ユーザー15人
カウンタ
COUNTER63874
ブログ
ブログ >> 記事詳細

2015/03/16

東京八王子ワイズメンズクラブのチャリティコンサート

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
3月14日は、恒例の東京八王子ワイズメンズクラブの「地雷廃絶と東日本大震災のためのチャリティコンサート」でした。

毎年、コンサートの前に、少しお時間をいただいて地雷やクラスター爆弾に関することをお話しています。今年は、私がちょうどイラクとヨルダンから戻ったばかりだったので、現地で会った犠牲者のこと、イラクの国内避難民やヨルダンのシリア難民の悲惨な状況を見て考えたことをお話しました。

それは、戦争になる前、平和な時にこそいかに人を守るのかを考えなければいけないということです。シリアが地雷禁止条約とクラスター爆弾禁止条約に入っていたら、この内戦で地雷もクラスター爆弾も使われなかったかもしれない。2011年にシリア内戦が始まる前に、もっともっと「早く条約に入って」と訴えればよかった、シリアの地雷やクラスター爆弾の仕様が疑われた際にももっと非難をすればよかった、と今更ながら悔しく思います。

最初にクラスター爆弾が使用されたと聞いた時には、シリア大使館に「やめてください」という要請文を関係諸団体と共に出しに行ったのですが、その後はHPで懸念を表すだけでした。相手にされなくても、反対されても、それでも訴える、というキャンペーンの基本をもう一度考えないととおもいます。


ちょっと厳しいお話をしてしまったのですが、そのあとのコンサートは素晴らしいものでした。



三上佳子さんの美しいソプラノで「春」をテーマに選ばれた素敵な歌の数々が披露されました。歌の解説を丁寧にして下さったので、知らなかったイタリアやドイツの歌もわかりやすく楽しめ、とても豊かな時間を過ごしました。

コンサートの最期に「みんなで歌いましょう」といくつかの唱歌を歌ったのですが、「春が来た」の2番「花が咲く♪花が咲く♪」のところでは、イラクでみた黄色い花がたくさん咲いている景色やヨルダンの白い花がばーっと広がっている景色を思い出して、涙があふれて歌えなくなってしまいました。幸せな春が世界中に早く届きますように。

東京八王子ワイズメンズクラブのチャリティコンサートは今年で17回目。長く続けることは本当に大変なことです。皆様の努力に本当に頭が下がる思いでした。

(うつみ)

22:14 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)