検索
LINK
オンライン状況
オンラインユーザー22人
ログインユーザー0人
登録ユーザー15人
カウンタ
COUNTER119160
ブログ
ブログ >> 記事詳細

2013/08/20

アンゴラの地雷除去

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
 先日、イギリスのハリー王子が、イギリスの地雷除去NGO、ヘイロー・トラスト(HALO Trust)が活動するアンゴラの地雷除去地を訪ねたというニュースが流れました。ヘイロー・トラストのホームページでその時の写真が公開されています。

 http://p.tl/_3d2
 
 そのアンゴラ、25年間続いた紛争が2004年に終わってから地雷の除去が始まっているんですけど、この度アンゴラ政府は、「除去が完了するのにはあと19年、2032年までかかる」と発表しました。

 アンゴラ政府は、毎年約5000万ドル(50億円弱)を地雷除去のために使っていて、さらにアメリカやEUなどから年間800万ドル(8億円弱)の国際支援も受けてきたのだけど、国際支援は徐々に減少していて、特にアメリカからの資金が激減して厳しいのだそうです。今年はEUから2000万ユーロ(約26億円)の支援が受けられているそうです。

 何度も同じことを言いますけど、地雷、一度使っちゃうと後が本当に大変なことになるんですよねぇ。それに地雷対策は除去だけじゃないですから。地雷がある、ということは犠牲者がいる、ということですから、彼らへの支援も絶対に必要。アンゴラ政府にはそこのところもよく考えていただかないと。それに、私たちも国際的な支援をいかにうまく犠牲者支援につなげていかれるか、よい仕組みを考えて作っていかないとね。考えることがたくさんあるなぁ。。。


(うつみ)

14:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)