検索
LINK
オンライン状況
オンラインユーザー40人
ログインユーザー0人
登録ユーザー15人
カウンタ
COUNTER105763
ブログ
ブログ >> 記事詳細

2012/10/31

セミナーのお知らせ:カンボジアの農村開発

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局

こんにちは♪理事の上村です。
私が所属している「カンボジア市民フォーラム」というネットワーク団体のお知らせです。
興味のある方は、ぜひご参加ください♪

==============================
カンボジア市民フォーラム、上智大学アジア文化研究所、日本国際ボランティアセンター共催
2012年度カンボジア連続セミナー(第4回) 

カンボジアの経済発展と農村開発NGO:日本人が農村に関わる意義とは


2000年代以降、カンボジアは平均約8%のGDP成長率を記録し、著しい経済発展を遂げています。また、政府は2015年までに年間100万トンのコメ輸出を目標とし、農業国としての地位の確立を目指しています。その一方で、農村部ではコメを十分に食べることができない農家も多く、貧富の格差の拡大が課題となっています。


1980年代からカンボジアで活動する日本国際ボランティアセンター(JVC)は、農村の人々が十分に食べられない状況を改善するために活動しています。経済発展の著しいカンボジアにおいて、日本人が農村に関わり続ける意義とは何か?本セミナーでは、JVCが活動する農村の状況や農家の生活の現状を報告し、日本の農村開発NGOの役割を皆さんと一緒に考えます。


■報告者:坂本貴則氏([特活]日本国際ボランティアセンター(JVC)
CLEANプロジェクトマネージャー) 

■報告者プロフィール:
2004年から1年間、みやぎ開発教育ネットワーク運営委員役員。
2005年から2年間、JICA青年海外協力隊の村落開発普及員としてバングラデシュ
に派遣。地方行政サービス向上を通じた農村開発プロジェクトに関わる。
2007年9月より、JVCカンボジア事務所インターン、2008年4月より現職。


■日時:2012年11月7日(水)18:30 - 20:30(開場18:00)
■会場:上智大学12号館402
■定員:80名
■参加申込:事前申込制(ホームページ〔http://www.pefocj.org〕の
専用フォームからお申し込みください)
■資料代:一般700円、学生500円、カンボジア市民フォーラムまたはJVC会員 無料
■会場へのアクセス:JR/東京メトロ「四ッ谷」駅から徒歩3分
■お問い合わせ:カンボジア市民フォーラム事務局(担当:上村)
E-mail:pefocj@hotmail.co.jp 
TEL:03-3834-2407 FAX:03-3835-0519 
※どなたでもご参加いただけます。



(かみむら)

15:19 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)