検索
LINK
オンライン状況
オンラインユーザー60人
ログインユーザー0人
登録ユーザー15人
カウンタ
COUNTER46827
ブログ
ブログ >> 記事詳細

2013/06/11

総会にてカナダ政府にアピール!

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
 先週、6月4日に無事JCBL会員総会が終了しました。昨年度の事業報告と会計報告、今年度の事業計画と予算が承認されました。ご出席くださった方々、委任状を送ってくださった方々、ありがとうございました。

 総会の後には、JCBLらしく、参加者の方々でカナダ政府に向けた「キャンペーン」に参加しました。カナダのキャンペーンが実施している写真のメッセージを送ろう、というものです。

 カナダ政府は、なんとまだクラスター爆弾禁止条約を批准していません(対人地雷のときは世界のリーダーだったのにね)。今、カナダは、クラスター爆弾禁止条約を批准するための国内法を作ろうとしています。その国内法案が、「抜け穴だらけ」で、クラスター爆弾を禁止しようという条約の精神をまったく反映していない、ということで、カナダのキャンペーンが、カナダ政府に「国内法案の内容を見直して」と訴えているのです。どんな抜け穴かというと、たとえば、条約に入っていない国がクラスター爆弾を使用するときにはカナダ軍も一緒に使える、とか。

 クラスター爆弾をなぜ禁止するのか。クラスター爆弾は使用された時にも無差別に市民が被害に遭うし、一度使われてしまうと、その不発弾がかなりの確率で残され、それによって市民が命を落としたり、全身大やけどを負ったり、身体の一部(場合によっては複数部)をなくしちゃうくらいの大きな被害を受けるので、そういうことをなくしましょう、ということなのです。だから、いつでもどこでも誰とでも使っちゃダメなんです。もし条約に入っていない国が使おうとしたら「使っちゃダメ」と言わないといけないんです。

 あぁそれなのに、カナダ政府・・・ということで、国内法の見直しを緊急に呼び掛けるキャンペーンで、世界中の人たちから「カナダ政府、ぜひ見直しを」というメッセージを持った写真を集めて政府に訴える、ということだそうです。

 JCBL会員総会の参加者の方々がこのキャンペーンに参加しました。

 

 メッセージが少々小さく見えますが、大きい写真でみるとちゃんと読めます! カナダのキャンペーンに送りましたので、私たちの声もみんなの声と一緒にカナダ政府に届きます。彼らがちゃんと世界の声を聞いて、真剣に国内法の見直しに着手してくださいますように。

(うつみ)

14:51 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)