検索
LINK
オンライン状況
オンラインユーザー29人
ログインユーザー0人
登録ユーザー15人
カウンタ
COUNTER52697
ブログ
ブログ >> 記事詳細

2014/06/27

日本の存在感

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
会議4日目の今日の午後は、各国の副大臣や政務官クラスの人々が政治的意思を表明するいわゆるハイレベル・セグメントでした。加盟国の少ないアジアの中で、アメリカに次いで二番目に多い(つまり加盟国の中では一番)地雷対策支援費用を継続的に拠出している日本の存在はオタワ条約の中でも大きな意味を持っていると感じます。外務省の担当の方も真摯に議論に耳を傾け、必要に応じて適切な発言をしているように思います。今日のハイレベル・セグメントでは日本から外務政務官の石原さんが来て、五分ほどのスピーチをしました。無論外務省の人が書いたテキストだと思いますが、日本はこれからも継続的に各地の地雷対策や犠牲者の支援に力を入れていくという意志が感じられるなかなかいい内容でした。今、集団的自衛権の行使や集団安全保障のことなど武力行使に道を開く議論が続いてますが、やはり日本は一貫して軍縮の路線で存在感を示して欲しいなと強く思います。なんかミーハーな感じですが、石原政務官が政治レベルの宣言文へサインした後、NGO関係者と記念撮影をしました。

(しみず)
13:55 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)