検索
LINK
オンライン状況
オンラインユーザー15人
ログインユーザー0人
登録ユーザー15人
カウンタ
COUNTER63259
ブログ
ブログ >> 記事詳細

2015/01/26

ベトナム・カンボジア旅行(その2)?メコン川クルーズ(北川)

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
2015年1月18日にホーチミンに着いた夜、T.N.夫妻の息子S.N.氏がメコン川のクルーズに案内してくれた。

メコン川は1958年にフランスの豪華客船、カンボジア号で横浜を出港してマニラの次に停泊した港で、川でありながら一日かかってホーチミン港まで外洋船が遡れる大きな川である。当時は初めての外遊で、メコン川を遡る感激は一入であった。その時の感激をもう一度味わおうと、20時30分に船が出港してからずっとデッキに居て川面を見つめていた。大きな外洋貨物船が一隻止まっていたが、あとは観光船か小さな運搬船だった。闇の中、これらの船と衝突しないように舵をとる船長のウデは相当なものだと思った。カンボジア号が接岸した岸壁が何処だったのかは判らなかった。

同行のK.S.君、T.N.夫妻、S.N.夫妻と私が船に乗ったのは19時少し前、19時から始まった出港前のベトナム料理の夕食は美味しかった。中でも、ハマグリに似た貝を煮たスープは秀逸だった。

乗船する前に時間があったので、乗船場の前のマジェスティック・ホテル前から始まるドン・コイ通りを散策した。いわば東京の銀座通りで、世界の有名ブランドの店が立ち並び、色とりどりの照明が輝き、日曜の夜のせいか、家族連れでウインドウ・ショッピングを楽しむ人が多いので平和を感じた。ドン・コイ通りの先にはフランス植民地時代に建てられたオペラ座があり、コンサートがあるのか、大勢の人が入場していた。さすが文化を愛する人たちの国だと思った。 

13:42 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)