検索
LINK
オンライン状況
オンラインユーザー38人
ログインユーザー0人
登録ユーザー15人
カウンタ
COUNTER46548
ブログ
ブログ >> 記事詳細

2013/12/04

NGOがここにいるわけ

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
言うまでもなく、締約国会議は基本的に政府間会合ですが、なぜ我々NGOのメンバーがここにいるのか?疑問に思う人も多いと思います。もし、ここに我々がいなければどうなるか?それは現場の声が聞こえなくなるということです。
そもそもこの条約は現場で活動するNGOが声を上げたことで動き出した条約です。NGOが声を上げるという中には、犠牲になった当事者の声も含まれます。条約の履行状況を見守っていく上で私たちがここに居続けることがそもそもなぜこの条約ができたのかという成立の精神を持続させることにもなるのです。
もちろん、...居るだけでは芸がありません。
条約の履行義務をまじめに果たしてない国、調印はしたものの批准手続きが遅れている国、そして、イエメンのように著しい条約違反が疑われている国など、条約の存在意義を弱めるような国々に対し様々な角度から対話戦略を練り、この会議場で接触を図るのです。
僕自身は今日、犠牲者支援の取り組みに一層の努力が求められているカンボジア政府の代表と会談。より効果的な犠牲者支援のために互いにやるべきことを話し合いました。午後はアフガニスタンの代表と話すことになってます。

(しみず)

14:36 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)