検索
LINK
オンライン状況
オンラインユーザー5人
ログインユーザー0人
登録ユーザー15人
カウンタ
COUNTER40610
ブログ
ブログ >> 記事詳細

2014/05/17

集団的自衛権

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
同じようなネタが続いてすみません。
集団的自衛権の行使について、なんかNGOがダシに使われてるようなので一言。
紛争地で活動するNGOにとって大事なことは、いかに自らの中立性を維持するかです。
その意味で地元の人々との関係性は極めて重要になります。当然、戦闘の当事者である軍隊との距離は遠いほどよく、それが外国の軍隊であればなおさらです。
昨日、安倍総理は集団的自衛権の行使の一例として「現地で活動するNGOの保護」などを挙げました。しかし、現地では「外国の軍隊」になる日本の自衛隊に近づいて来られたらそれこそ目立って危険です。
もし何らかの危険に遭遇した際は、可能な限り目立たずに地元の治安関係機関と行動するほうがはるかに合理的です。言葉の問題もあるし、土地勘も生活習慣も知らない「外国人」が「駆けつけ」で適切な対応ができるとは思えません。
こういう非現実的な話をもとにこれまで日本が築いてきた平和の基軸を変えてしまうよな議論を進めるのはとても危険だと思います。


(しみず)

14:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)