検索
LINK
オンライン状況
オンラインユーザー37人
ログインユーザー0人
登録ユーザー15人
カウンタ
COUNTER40656
ブログ
ブログ >> 記事詳細

2013/02/07

武器見本市

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
 インドの地雷廃絶キャンペーンからの情報です。
 "Aero India 2013”というアジア最大の軍用機関連の見本市がインドのバンガロールで開かれているそうです。78カ国から600以上の大小様々な兵器産業の企業が参加していて、いろいろな兵器が陳列されているとのこと。インドでは公営民営の多くの企業が兵器産業で大きな儲けを得ているそうです。

 で、そこにはクラスター爆弾も並んでいるとのこと。

  

 これはTextron(アメリカのテキストロン社)のCBU-105です。

 こんなものが空から降ってくるかと思うだけでもぞっとするのに、「"国の安全のために"これを買っておかなくちゃ」と考える人がいるかと思うと、もっとぞっとします。売る人も買う人も犠牲者のことに目を向けていないんでしょうね。

 ここではいくらで売られているのか知りませんが、別のソースを見ると単価が360,000ドルだそうです。はぁ?。買うときは複数買うでしょうから、すんごい金額が動くんですね。

 でもクラスター爆弾禁止条約ができて加盟国も着々と増えているので、これ買う国は少なくなっているのではないかと思います。誰も買わなくなれば企業は作らなくなるのだから、やっぱり「クラスター爆弾は作らないし、使わないし、持ってもいない」という国が増えることがクラスター爆弾ゼロへの近道ですね。それにたとえばこの場合、テキストロン社に投融資がされなければ新たにクラスター爆弾も作れなくなるんだから、やっぱりクラスター爆弾への投融資禁止キャンペーンもしっかりやっていかないと! 次はどうやって金融機関にクラスター爆弾製造企業との取引をあきらめてもらいましょうか?

(うつみ)

15:04 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)