検索
LINK
オンライン状況
オンラインユーザー27人
ログインユーザー0人
登録ユーザー15人
カウンタ
COUNTER40633
ブログ
ブログ >> 記事詳細

2013/08/16

金門島の映画 『呉さんの包丁』

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
 6月に地雷除去が終了した台湾の金門島が舞台の映画が公開されます!
 『呉さんの包丁 戦場からの贈り物』。台湾の金門島で、国共内戦のとき、中国共産党軍が撃ち込んだ「宣伝弾」を材料に包丁をつくる職人のお話しから、中国と台湾の現代史を考えるドキュメンタリーです。宣伝弾とは、砲弾の中に入っているのが爆発物ではなくて、相手国を侮辱したり、共産党を賛美するような内容の紙のチラシなんです。それが1978年まで台湾と中国の間を飛び交っていたんですね。

  この砲弾に目をつけて、そこから包丁を手作りする呉さん。実は、私も6月に金門島に行ったときに、呉さんの工場兼店舗に見学に行って、包丁を1丁買ってきたんです。砲弾をバーナーで切り取ってそこから叩いたり冷やしたり熱くしたりという工程を経て、すんごくよく切れる包丁が出来上がるんです。この包丁を使い始めてから、玉ねぎとかトマトのスライスが楽しくて!! とっても使い心地がいいんです。

  映画では、この包丁造りの背景にある戦争のこと、家族のこと、退役軍人の人たちのこと、などが描かれています。金門島の美しい景色も。この海岸がつい先々月まで地雷原だったなんて信じられないです。

 東京渋谷のユーロスペースで8月24日公開です。

 http://cr21.web.fc2.com/hocho/hocho.html

(うつみ)

14:45 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)