検索
LINK
オンライン状況
オンラインユーザー37人
ログインユーザー0人
登録ユーザー15人
カウンタ
COUNTER63320
ブログ
ブログ >> 記事詳細

2013/05/31

あれからもう5年

Tweet ThisSend to Facebook | by 事務局
 昨日5月30日は、クラスター爆弾禁止条約(オスロ条約)がダブリンで採択された記念日でした。ちょうど5年前の昨日でした。

 このオスロ・プロセスの山場、ダブリン会議のことを思い出すと、今でもおなか痛くなりそうです。

 通常の会議は1週間なのに、この時は会議自体が2週間の長丁場。JCBLからは理事の目加田さんが全日程参加していて、私は東京で現地から届くニュースに一喜一憂していたのでした。「一憂」ではないな。もっと憂鬱なことが多かったのです。というのも、採択の前日まで、「日本政府は採択せず」ということだったのです。現地で日本政府に必死の働き掛けをしていた目加田さんからの報告も、メディアも「日本政府はサインしない」というので、それまであちこちにコンタクトしてなんとか日本の政策を変えようとしていた私、あんまりがっかりして本当におなかが痛くなってしまって、1時間くらい早退したんです。で、その帰宅途中の電車の中で携帯電話がなって、出てみると、ダブリンの目加田さんからで、「日本、採択するって」という話。もう、どうなっちゃってるの?とびっくりして聞いてみると、ちょうどそのときも横浜でTICAD(アフリカ開発会議)をやっていて、そこに参加していた当時の福田首相が「日本は採択」と言ったとのこと。で、採択の日、現地時間の早朝にその指示がダブリンに届いたんでしょうね。大どんでん返し、とっても嬉しい瞬間のはずだったんだけど、「歓喜」というより「安心してへなへな」という感じでした。駅のホームで誰も一緒じゃなかったしね。

 その日の夕刊の1面、ある新聞は「日本オスロ条約採択へ」という特ダネ、ある新聞は「採択せず」としていて特オチ。みんな振り回されていたのでした。

 私はおなか痛いのも忘れて(というかもう痛くなかった、多分)、このホームページを更新していました。あれからもう5年かぁ・・・。早いなぁ。

 と思い出話が長くなりましたが、そんなこんなのオスロ条約で、世界は確実にクラスター爆弾のない世界に近づいています。よかった、よかった。クラスター爆弾ゼロ、までがんばらないとね。

(うつみ)

14:53 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)