JCBLは、1997年にノーベル平和賞を受賞した「地雷禁止国際キャンペーン(International Campaign to Ban Landmines, ICBL) 」の構成団体の一つであり、また「第2の地雷」と言われるクラスター爆弾の禁止をめざすNGOネットワーク「クラスター兵器連合(Cluster Munition Coalition,CMC)」 の参加団体として、人道的な立場から対人地雷とクラスター爆弾の廃絶を訴えるNGOです。


 

 
 私たちは、地雷/クラスター爆弾の問題を人道上および社会の再建や開発を阻害する環境上の問題と捉えています。そして世界の人々がこれらの兵器の恐怖に怯えることなく、安心して暮らす社会を作るために、対人地雷とクラスター爆弾の完全廃止実現を目指して、以下のような活動を実施しています。


 

1.アドボカシー活動

 アジア太平洋地域にはまだオタワ条約に加入していない国が多くあります。JCBLはICBL傘下のキャンペーンと協力しながら、また日本政府への提言を通じて、これらの国々に条約への参加を働きかけます。

2.サバイバー(地雷被害者)支援活動

 被害者支援には医療支援だけでなく、生活全般の相談事業など、本人の人権が保障されるための支援が求められます。JCBLは、特に地雷被害者自身による様々な活動を支援しています。

3.マイン・フリー・アジア(地雷なきアジアへ)

 地雷による被害をなくすことを目指して、特にアジア地域の地雷廃絶キャンペーンによる地雷回避教育や地雷に関する調査活動を支援しています。
 地雷回避教育とは、被害者を減らすためには、地雷がどのようなものでどこが危険なのか、地雷をみつけたらどうすればよいのか、子ども達や地雷原に住む人々に伝える活動です。

4.講師派遣・シンポジウムの開催

 JCBLは、対人地雷による被害の実態及び対策をより深く議論するシンポジウムの開催や、こういった問題を広く知っていただくために、学校や地域の集会に講師を派遣しています。
 講師派遣をご希望の方は、事務局までご連絡ください。