クラスター兵器連合

 クラスター兵器連合(Cluster Munition Coalition : CMC)は、クラスター爆弾禁止条約(オスロ条約)を世界に普遍化し、その完全実施によってクラスター爆弾の危険から市民を守るために集まった世界のNGOの連合体で、現在80カ国の300以上の団体がメンバーになっています。

 JCBLは、CMCの設立当初からメンバー団体として一緒に活動をしていますが、そのほかのメンバーには、アムネスティ・インターナショナルやヒューマン・ライツ・ウォッチ(HRW)のような大きな国際NGOから、地雷廃絶アフガニスタン・キャンペーン(ACBL)のような小さな国内NGOまで、分野別では、軍縮、平和、安全保障、人権、犠牲者/生存者支援、地雷除去、女性の権利、宗教、その他の色々なNGOが入っています。

 CMCはクラスター爆弾が惹き起す問題や、これらの問題をオスロ条約によりいかに解決するかについて、世界のNGOが自国の政府や一般市民、メディアに対してキャンペーン活動を行い、教育するのに必要な情報や資料を提供しています。

 近年のCMCから世界への最大の贈り物は、オスロ条約成立への貢献でした。これが評価されて、2009年5月1日には、アイルランドのティペラリー国際平和賞を受賞しました。


CMC事務局:
Coordinator: Laura Cheeseman: laura@icblcmc.org

事務局住所:
Cluster Munition Coalition
2nd Floor
89 Albert Embankment
London
SE1 7TP